名入れ印刷オリジナルグッズ製作店

履歴 TOPへ

名入れとは

qa1名入れとは


 企業向けの名入れとは、キャンペーン品にワンポイントで名入れ印刷をするサービスです。

名入れ印刷は「通常1色印刷」が多いです。これは予算の問題です。綺麗でしかも簡単で早い。これが名入れサービスになるからです

当店は実績で15年目に入ります。これは他のネットショップと比較しても非常に長いです。15年間、記念品の名入れに特化した方法で、ご提供・ご提案しています。

 

qa2シルク印刷の名入れとは


 ホットスタンプやシルク印刷など、印刷方法が沢山ありますが、当店ではシルク印刷です

シルク印刷とは、版画と同じで版を製作し、その上にインクをのせて名入れ印刷をします。このため、とても綺麗に出来るし、細かい点も名入れが可能です。メインのシルク印刷のノウハウを磨くことで、コストダウンや、どんな無理な名入れでも出来る適応性が高まり、シルク印刷ノウハウではNO1に近くなっています。

 

goriyouとれない・削れない


 質問で多いのが、名入れ印刷をしても取れると勘違いしている方がいます。これは取れません。削らないと取れませんので安心してください。

プロがするので、これが名入れの印刷技術になります。例えば、マグカップなどでは焼付け、ナイロン系では特殊インク作業など、素材によって試行錯誤しながら、名入れ作業を継続しています。

1色のインク

名入れの場合は、インクを使いますので1色指定が多いです。

最近はフルカラーになる場合もありますが、こちらはインクジェットです。わかりやすく言えば、プリンターのようなものです。フルカラーは基本は本体が下地が白が限定され、価格も1色と比較すると4倍程度になっています。このため、1色で単純であるけど、コストパフォーマンスが良い方法で提案していくのが当店の仕組みになっています。

「名入れ」とは主に景品やプレゼントなどに送り主やイベント名の名前やロゴを印刷や彫刻などで入れこむことを指します。一番身近なところだと年末年始などにいただく企業名の入ったタオルなどは定番ですが、卒業式などに配る粗品も名入れで学校名を入れます。

 

kodawari2短納期の名入れ作業


  当店の特徴である作業として、短納期の名入れ作業があります。これは簡単なものなら、応用を効かせてどんな商品でも簡単にしかも早く作業が出来るからです。通常は「1週間」程度が短納期となりますが、3日間という作業もたまに緊急でします。このように短納期で出来る作業を繰り返すことで、どんな作業にも柔軟に対策出来るノウハウが蓄積されてきます。これが新たなノウハウとなります。

経験からの名入れノウハウ

 数多くの名入れ作業を繰り返すことで、様々な経験から来るノウハウを蓄積していきます。

これがあることで、名入れをしなくても、仕上げが早々にわかり、多くの作業効率につながります。また、仕上げの方法がわかることは、それだけ作業ミスが少なくて済むことになりますので、その分、失敗の確率が下がり、ご提案する見積もり金額が下がります。これがコストダウンにつながるので、非常に高い評価を頂いています。

 名入れ専門店としての作業実例は、各商品ページにあります。その他、わからない部分については、各営業担当へご連絡頂ければ、プロ仕様として

お伝えできると思います。

 

 

qa2コストが一番安く信頼出来る所へ


長く15年間も名入れ印刷作業を、インターネット専門でしていると、多くの業者が真似てきます。

当店の最大の特徴は「コスト減」が出来る組織です。もちろん、大きな企業の力技にはかないませんが、無駄なコスト増は、小さい組織であるため、もともと対応していません。このため、いかにコストを安く提案できるかのバランスが重要になっています

その表れが、当店で名入れ印刷をしないで、メーカーで直接したほうが個数も総額も安ければ、そちらに任せる方法を採用している点です

こうした事を実施することで、非常に効率的にしかも、素早く対応でき、コスト減に繋げるようにしています。

 

2016年5月4日

 


 

 

 

短納期のお問い合わせ